skip to Main Content

人はもっと輝ける

IT’S TIME TO BE BRIGHT

「朝起きて、今日も仕事に行くのが楽しみだ。」「今日、1日を過ごすことが楽しみだ。」

もっと一人ひとりがイキイキとした充実した時間を送り、輝いた人生を過ごせる世界を作りたいと思っています。

仕事、育児、介護・・・
人生100年時代が到来し、今までのライフイベントの概念を超える
先人達が経験したことの無い、多様な人生を過ごす時代になりました。
「自分らしく生きるため」に何を選択するか。

”リモートワーク”や”副業解禁”など働き方も大きく変化している今、
仕事一辺倒では無く、自分の「ライフプラン」や「ミッション」を軸に人生を考える個人が増えています。

企業も「自分らしく生きる個人」から選ばれる魅力的な会社であり続けるために
社員の多様な働き方に対応したマネジメント、エンゲージメントの向上や
幸福経営に取り組む好事例も多く見受けられます。

今回は、企業と個人が相乗効果を生み、共に活躍できる社会を目指すためのテーマを取り扱います。
日本がこれから少子高齢化と同時に迎える
「AI時代/人生100年時代で活躍する人材育成」から、
さらに一人ひとりがエンゲージメント高く、イキイキと働く企業を実現するための
「幸福経営学」「ミッション経営」の観点で事例をご紹介します。

タイムテーブル

TIMETABLE

15:00

「AI時代 / 人生100年時代」の働き方、学び方について

経済産業省 経済産業政策局 産業人材政策室 室長補佐 米山 侑志氏

「人材」が重要テーマとされる背景には、現在我が国が直面している二つの大きな構造的変化が存在しています。一つは、AI(人工知能)・データに代表される技術革新、つまり「第4次産業革命」の進展です。そしてもう一つは、少子高齢化による「人口減少」や「人生100年時代」を迎えることによる「人口動態の変化」です。
こうした中、より重要性の高まる社会人基礎力等、これからの学び方、働き方について、マクロな観点からお伝えします。

16:00

幸福経営学から導き出す これからの“働き方” “幸せ” は働き方にどう影響するのか!?

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 委員長・教授 前野 隆司氏

幸福学(well-being study)の概要と、経営学との関係、働き方改革との関係について述べます。すなわち、幸福学の概要についてお伝えした後、後援者らが明らかにした「幸せの4つの因子」について述べます。さらに、社員や経営者が幸せに働く企業の事例についてご紹介します。

17:00

休憩

17:15

ミッション:何のために働くのか?

株式会社リーダーシップ コンサルティング 代表
立教大学 ビジネスデザイン科 教授
早稲田大学 非常勤講師
元スターバックスコーヒージャパン 代表取締役 最高経営責任者 岩田 松雄氏

企業は誰のためにあるのか?激しい環境変化の中でも、変わらない経営の原点があります。企業経営にとって大切なことは、会社の存在理由である「ミッション」を社内の隅々までに浸透させることです。
国内外の企業で得た「専門経営者」としての豊富な経験を追体験していただき、なぜミッションが大切なのか?「ミッション経営」とその効果についてお話しします。
そのミッションを愚直なまで一所懸命に実行している具体的事例として、なぜスターバックスの店舗の人たちが、生き生きと楽しそうに働いているのか、その秘密について歴史や感動のエピソードを交えてお伝えします。
そしてまとめとして、「これからの真のリーダーに求められるもの」について、熱く語ります。

登壇者

SPEAKERS

岩田 松雄氏

MATSUO IWATA

株式会社リーダーシップコンサルティング 代表
立教大学 ビジネスデザイン科 教授
早稲田大学 非常勤講師
元スターバックスコーヒージャパン
代表取締役 最高経営責任者

1982年に日産自動車入社。日本コカ・コーラビバレッジサービス常務執行役員を経て、2000年(株)アトラスの代表取締役に就任。3期連続赤字企業を再生させる。2005年には「THE BODY SHOP 」を運営する(株)イオンフォレストの代表取締役社長に就任。売上げを約2倍にする。2009年スターバックスコーヒージャパン(株)のCEOに就任。「100年後も輝くブランド」に向けて、安定成長へ方向修正。ANAとの提携、店舗内wifi化など改革を実行し業績を向上。2013年にリーダー育成のための(株)リーダーシップコンサルティング設立。2010年UCLAよりAlumni 100 Points of Impactに選出。

前野 隆司氏

TAKASHI MAENO

慶應義塾大学大学院
システムデザイン・マネジメント研究科
委員長・教授

1984年3月東工大卒 、1986年3月東工大修士課程修了、1993年12月博士(工学) 学位取得。1986年4月キヤノン(株)、1990年7月~1992年6月カリフォルニア大学 バークレー校客員研究員、2001年4月~9月ハーバード大学客員教授、2006年4月 慶應義塾大学理工学部教授等を経て2011年4月~現職。
研究テーマは、ヒューマンマシンインタフェース、イノベーション教育、感動学、幸福学。著書に、『幸せのメカニズム』、『システム×デザイン思考で世界を変える』、『実践 ポジディブ心理学』、『思考脳力のつくり方』、『幸せの日本論』など多数。

米山 侑志氏

YUSHI YONEYAMA

経済産業省
経済産業政策局 産業人材政策室
室長補佐

2011年東京大学教育学部教育行政学コース卒。同年、経済産業省入省。東日本大震災後の中小企業復興、エネルギー政策・資源燃料政策に従事。その後、経産省全体の法令再生可能エネルギー、省エネルギー、工業標準等幅広い法令の立案・作成を担当した後、2018年より現職。
人生100年時代における産業人材育成政策(社会人の学び直し)を中心に、テレワーク・副業・複業・フリーランスなど「多様な働き方」の環境整備、HRテクノロジーの普及促進、社会人基礎力の普及等に取り組んでいる。奈良県出身。

概要

OVERVIEW

日時:2018年10月02日(火) 15:00~18:45 (14:30開場)

場所:〒102-0093 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID 6Fイベントスペース

アクセス:

東京メトロ 半蔵門線・有楽町線・南北線「永田町駅」より徒歩3分
東京メトロ 丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」より徒歩7分

対象者:経営者・役員、経営企画室担当者、人事担当者

参加費:無料

申し込み

REGISTRATION

ご好評のため、満席となりました。
キャンセル待ちの予約受付をしておりますので、ご希望の方は下記よりお申し込み下さい。

来場者特典

EDGE株式会社より日経BP社発行の週刊ビジネス誌「日経ビジネス」
を最新号から半年間(25冊)贈呈させていただきます。

申し込みキャンセルはこちら

共催

IN COLLABORATION WITH

日経BPマーケティング

後援

SUPPORTED BY

Back To Top