skip to Main Content

自分らしい生き方・働き方を応援する

BRIGHT AT WORK

幸福経営・ティール組織・パラレルワーク・働き方改革・リモートワーク・コワーキングスペースなど、「自分らしい生き方・働き方」の実現のためのイベントや情報提供をしていくサイトです。

BRIGHT AT WORKとは

「朝起きて、今日も仕事に行くのが楽しみだ。」「今日、1日を過ごすことが楽しみだ。」

共働きの世帯数が増え、人生の時間の中でも「仕事」の時間を多く過ごすようになりました。しかし、「仕事に行くことが楽しみだ」と感じている方がどれぐらいいるでしょうか。まだまだ、「仕事」という時間をネガティブにとらえている方は少なくありません。

ですが、戦後間もない時とは異なり、日本は豊かな国になりました。それと共に、「仕事」は食べていくための手段ではなく、社会課題の解決やよりよい未来を作っていくといった自分自身の人生を豊かにしていく大きな存在になりました。

更に、テクノロジーの進化や人生100年時代が到来し、「働き方」を選べる時代になるだけではなく、先人たちが経験したことがないライフイベントの概念を超える多様な人生を過ごす時代になりました。

「自分らしく生きるため」に何を選択するか。

Bright At Workでは、自分らしい「選択」をするためのきっかけをすることで、もっとイキイキとした充実した時間を送り、自分自身だけではなく一緒に過ごす”隣の人”も、笑顔で輝いた人生を過ごせる世界を作りたいと思っています。

過去イベントレポート

これまでのBRIGHT AT WORKのイベントレポートです。

2020年6月4日 BRIGHT AT WORK ~アフターコロナでも成長する新しい働き方と組織作り~

緊急事態宣言を受け、多くの企業がオンライン会議やリモートなど、新しい働き方が急激に進んできました。今回は、緊急事態宣言に関わらず、新しい働き方をしながら、成長してきた先駆者の株式会社グッドパッチの齋藤 恵太氏と EDGE株式会社の佐原 資寛氏にご登壇をいただきました。 2社のお話に共通して出てきたキーワードは「心理的安全性」でした。オンラインでの社内会議や外部の方とのプロジェクト推進をされている中でも、社員や一緒に働く方々に対して、一人ひとりが大切にしていること・歩んでいきたいキャリアなどに向き合われているお話は、特に印象的でした。

2020年4月28日 BRIGHT AT WORK ~先駆者企業が語るティールがおすすめ組織とは?~

前回のイベントでは、書籍『ティール組織』(英治出版)の解説者である嘉村 賢州氏にご登壇をいただき、ティール組織のお話を頂きましたが、よりイメージを持っていただきたいと思い、今回は「ティール組織」のカルチャーをお持ちの2社、東邦レオ株式会社 菅将人氏と株式会社ヤッホーブルーイング 清水俊介氏に自社の様子や取り組みをご紹介いただきました。 同じティール組織と言われている2社ですが、いつの間にかティールになっていた株式会社ヤッホーブルーイング社とティールを活用してみようとした東邦レオ株式会社と、成り立ちが違う企業の事例でも、共通点もあったり、あえてティールを取り入れていなかったりなど、興味深いお話ばかりでした。

自分らしく生きる・働く『ティール組織』

2020年2月12日 BRIGHT AT WORK ~自分らしく生きる・働く『ティール組織』~

書籍『ティール組織』(英治出版)で注目を浴びた”ティール組織”ですが、今回のイベントでは、当書籍の解説者である嘉村 賢州氏にご登壇いただき、「歴史から見たティール組織」「セルフマネジメントとは」「ホールネスとは」「エボリューションとは」、そして最後にティールを実現している会社の事例をご紹介いただき、1時間という限られた時間でしたが、盛りだくさんの内容をお話いただきました。

ナレッジジャーナル

ティール組織の導入企業事例(ヤッホーブルーイング社) 〜V字回復を実現した組織の転換点〜

いつのまにかティール組織と呼ばれ始めたヤッホーブルーイング社

記事一覧

ティール・ホラクラシー Q&A

“ティール組織”の発見 https://bright-at.work/teal-organization-discovery/ ティール組織が生まれるまでの”組織”の歴史 https://bright-at.work/history-of-organization/ ティール組織の3つの特徴 https://bright-at.work/3-features-of-teal-organization/ ティール組織の事例 https://bright-at.work/teal-organization-case-study/

ティール組織の事例

ティール組織の事例

よくあるティールの誤解は「ティールは、スタートアップとか人数が少なかったらできるんですよね」というものです。他には「IT企業だったら分かりますけど。」ということもよく言われます。しかし、フレデリックが出会い事例としてあった十数社は、ほとんどそれにはいずれにも属さない企業でした。ほとんど20~30年以上で、規模も100人以上。中には4万人の電力会社もありました。また、業態もトマトケチャップ、ねじ会社、自動車、訪問医療、教育などのさまざまな組織で展開されています。 今回は、ティール組織の企業事例をご紹介します。 事例をご紹介するに際して、ちょっと大事にしたいことがあります。 1つは、10社あれば10社とも全然違うやり方でやっています。 方向性としては似ているのですが、詳しく見ると全然違ういます。なので、1社を全てと思わないでください。というのも、ORANGEパラダイムで言うと、再現可能性が大事なので、ある組織がKPIを使ってたら、他の組織もKPIを使うということができます。また、1 on 1といったパーツもありますが、どんどん真似をし合うというのがORANGEですが、ティールは、本当にその業界とか存在目的や構成メンバーとか時期によって、なにが合うかは全然違います。それによって、進化し続ける組織なので、10社とも違う形態と成長プロセスがあるということです。そのため、安易に一つを見て真似ようとするのはやめたほうがいいです。 2つ目は、新しい概念なので、自分の今知っている枠組みや理論で吸着し無理やり理解しようとせず、ありのままに捉えるようにトライしてみてください。 フレデリックは、「要約はできるだけ読まないほうがいいよ」っていうふうなことを言っています。要約者の現在のパラダイムがその文章に如実的に反映されてしまうので、こういっているのです。 3つ目は、ティール組織は、正解でもないし、目指すべきものでもないということです。…

BRIGHT AT WORK community

ティール組織・幸福経営・リモートワーク・パラレルワークなどのトピックスに関する記事や最新のイベント情報などをFacebookページ(BRIGHT AT WORK 〜自分らしく働く〜)やTwitterで投稿しています。

最新情報を受け取りたい方は、フオローをお願いします!

提供サービス

運営団体・協力団体が提供しているサービスをご紹介します。

Remote work

リモートワークに関するコンサルティング

REMOTE WORK CONSULTING

リモートワークを推進するにあたって、いろいろな悩みが発生しています。何からはじめたらいいの?労務管理、評価制度はどうしたらいいの?チームビルディングが難しいのでは?オンライン会議の機材は?適切なオフィス環境というのは?など。当社では、これらの悩みを解決するようコンサルティングのサービスを提供いたします。

社内SNS

社内SNSソリューション

INTERNAL SOCIAL MEDIA SOLUTIONS

働く人に焦点を当てた目的特化型の社内SNSとして、現在約600社、8万名以上がご利用されており、多種多様なお客様から、ご好評をいただいております。 SNS上での活発なコミニュケーションにより、働く人のモチベーション向上、業務効率化、従業員定着率アップなど企業内での様々な人事課題に対応しております。

運営会社

株式会社ガイアックス

https://www.gaiax.co.jp/
ガイアックスは、人と人をつなげるのミッションを実現するため、ソーシャルメディアとシェアリングエコノミーのオンラインとオフラインソリューションを提供することで、社会課題の解決を目指すスタートアップスタジオです。

EDGE株式会社

https://edge-inc.co.jp/
ITの力でコミュニケーションを円滑にし、社内の人と人の関係性を高めるプラットフォームを提供することで、企業の人事課題の解決、そして、「人が、もっと輝ける」社会の実現を目指します。

株式会社ガイアックス

https://www.gaiax.co.jp/
ガイアックスは、人と人をつなげるのミッションを実現するため、ソーシャルメディアとシェアリングエコノミーのオンラインとオフラインソリューションを提供することで、社会課題の解決を目指すスタートアップスタジオです。

EDGE株式会社

https://edge-inc.co.jp/
ITの力でコミュニケーションを円滑にし、社内の人と人の関係性を高めるプラットフォームを提供することで、企業の人事課題の解決、そして、「人が、もっと輝ける」社会の実現を目指します。

Back To Top